環境を考え、省エネルギー・エコロジーなシステムを提案する

株式会社ミューパートナーズ

tel.052-684-9844

メールでのお問い合わせ

会社概要

 

資料請求・お問い合わせ

会社概要

商号 株式会社ミューパートナーズ
所在地 〒456-0018 名古屋市熱田区新尾頭三丁目2番1号KVK金山ビル2F
資本金 1,000万円
創業 2000年9月
設立 2005年6月
役員 代表取締役 植田 亮
登録 一級建築士事務所
愛知知事登録(い-27)10983
電話番号 052-684-9844
FAX番号 052-684-9845
習得資格 一級建築士
設備設計一級建築士
建築設備士
第三種電気主任技術者
業務内容 建築に関する企画、設計、監理、調査
上記に関連、もしくは付随する一切の業務

コンセプト

建築意匠設計  人にやさしい空間を追及します。

お客様とともに大切な建物の空間を一緒に作り上げていきます。
建物デザインも、地域性、環境性を考慮し提案します。
からだにもこころにもやさしい空間を提案します。

電気設備設計  まず安全性、そして、便利さも追求します。

電気は現在の建物においての最も重要なライフラインです。
安全性を確保し、事故の起きない設計をします。
インターネットなど情報系や照明の設計など日々進化し、便利になってきているものを適材適所に提案をします。

空調設備設計  きれいな空気を 人にやさしい空調を追求します。

ほこりやウィルスが病気の原因になるといわれるようになってきています。
いつも過ごしている空調の空気をきれいにできるシステムを取り込み空気の清浄化を提案します。
室全体の空調ではなく、ひとりひとりへのパーソナル空調を提案します。

衛生設備設計  水資源の大切さを追及します。

水資源はエネルギー問題と同様に、重要問題のひとつです。
雨水や一度使用した排水を、屋外の散水などに再利用できる処理システムなどを取り込み水資源の有効利用を提案します。

代表挨拶

環境問題を常に意識し、僅かでも効果があがる省エネルギー、エコロジーなシステムを積極的に取り入れてまいります。

  • 代表取締役:植田 亮

    環境問題を常に意識し、僅かでも効果のある省エネルギー、エコロジーなシステムを積極的に取り入れて、たくさんの知恵を注入した建物を設計していまいります。
    私たちは、プロとしての自覚をもって、専門分野の技術のみならず、他分野でも取得資格も持ち、技術力も兼ね備え、日々進化し続ける各種先端技術の導入、情報収集に努め、お客様のニーズにこたえてまいります。

    設備設計とは
    建物の設計には【意匠設計】【構造設計】【設備設計】の3部門あります。
    それぞれ専門の知識を必要とし、それぞれが融合して素晴らしい建物を設計していきます。
    ただ、【設備設計】は一般的に知られていません。
    どんな役割をしているかを音楽に例えてみますと
    【意匠設計】はデザインを担当して一番全面にでて目立つところなので【ボーカリスト】
    【構造設計】は楽曲を支える部分【ドラム・ベーシスト】
    【設備設計】は楽曲を引き立たせる【ギターリスト・キーボーディスト】
    になると思います。
    私たちはプロの【ギターリスト・キーボーディスト】としてどんな楽曲でも、どんなボーカリストにでも、その楽曲が素晴らしくなるように想像し演奏します。そして、たまに、全面で演奏することもあります。
    建物が素晴らしくなるためには私たちの【設備設計】の役割がとても大切なのです。
    私たちのアイディアひとつで建物が機能的になったり、デザインをより効果的に見せたりできるのです。

    これから省エネの声がますます大きくなってきます。我々はプロの設備設計者として社会に貢献していきたいと思っています。

スタッフ紹介

  • 社員:加藤 久彦

    電気設備担当。

  • 社員:神谷 竜吾

    機械設備担当。

  • 社員:鈴木 章仁

    電気設備担当。

  • 社員:井上 真理子

    電気設備担当。

  • 社員:澤田 健史

    平成23年入社。
    私は機械設備担当として空調、換気、給排水設備の設計を行っています。
    入社して以来、学校や事務所ビル、病院など様々な物件の新築・改修工事の設計・に携わってきました。

    自分で描いた線が実際に現場にて描いたとおりに施工される楽しさや、制限のある場所での機器・配管の配置・経路検討の難しさ、展示会や施設見学では機器・技術の様々な使い方・施工方法の新たな発見や驚きなどがあり多くの経験をさせてもらっています。
    どの物件も同じものが無く、日々新しいことに挑戦できとてもやりがいを感じて仕事に取り組むことができています。

    今後は、資格取得はもちろん省エネに有効な設備の勉強など積極的に知識の吸収をしていき、「あの人と仕事をしたい。」と思われるように努力をしていきたいです。

  • 社員:岩田 彩香

    平成24年入社。
    学生の時、建築雑誌を見ていた頃は“○○建設設計・施工”と見ても、ここの会社はこういう種類の建物を造っているのだな、という印象しか感じられませんでしたが、表に名前が出ないかもしれないが、1物件にすごくたくさんの人と会社が関わっていて、そしてたくさんの人が関わらないと建たない、そのすべての人が力を尽くしていることを、今は感じます。
    昭和に書かれた既設図を見ていて、文章で書いてあるわけではなく、1本の手書きの配線から、この時はこういうことがあってこうしたのか、とわかる設計者の意図に触れるような瞬間は面白いです。
    私は4年目ですが、まだ自分の書いた図面が建物の中で機能しているところは見たことがありません。改修工事、新築工事共に、アタリをつけることと基本理論といった、経験と知識、また人との会話力がなければ仕上げられないことを日々感じながら図面を書いています。
    学生の頃から意匠・構造含めた大きな意味での省エネルギーな建築に興味があります。その中の設備部分としてアプローチできること、計画できる力をつけることが私の目標です。

  • 社員:辺 文亮

    平成27年入社。
    入社してまだ1年経っていませんが、設備設計の知識について、いろいろ勉強し、わからないことがあったら、丁寧に教えてくれる先輩がいるので、最近になって、自分は少し成長しているなと実感できるようになりました。ときどき辛いかもしれないが、もっと成長したいという意欲が強くなってきています。
    様々な計算や調査等を行って、CADで描いた配管やダクトなどの設計図が実際の建物にはなくてはならない一部として、出来上がっている設備に嬉しい気持ちを感じています。これから、もっと省エネの時代が来ると思っています。力を入れて、省エネ的な設計を考えて、一人前の設計者になるように、頑張っていきたいと思います。

  • 社員:前川 奈穂

    電気設備担当。

  • 社員:河合 真紀

    事務。

  • 社員:牧 唯聖

    平成28年入社。
    これから社会に出て働き始めるということで、報告や連絡、相談といった基本的なことができる様に改めて肝に銘じたいと思います。
    また、与えれた仕事をしっかりと理解し、今後同じような仕事を任された時につまずく事無くこなせるようにしたいです。
    迷惑ばかりかけると思いますが、戦力となれるように頑張っていきたいです。

資料請求・お問い合わせ

Copyright (C) 株式会社ミューパートナーズ. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.